花見もハイヤーを利用して楽しむ

花見の季節になると、実際に花見をしてみたいと思う人が多いことでしょう。しかし、去年は感染症拡大により花見もできなかった人がほとんどではないかと思われます。花見といっても、春の梅や桜だけではなく、梅雨時期のあじさいなども美しいものです。日本は四季があるため、どの季節でも美しい花々を楽しむことができる点が素晴らしいと言えます。

ハイヤーサービスでは、花見を楽しむためのプランもあります。ゲストの希望を第一にプランニングしますが、花見の名所は意外と分からないという人も多く、いつも同じ場所でしか楽しんでいない人もいるようです。どのようなルートで名所を巡るのかをお任せすることもでき、この場合は事前に決まったルートを花見ドライブする形を取ります。ただ、名所をハイヤーに乗って訪れるだけではなく、希望があれば名所での記念撮影も依頼も可能です。せっかくの機会なので、花見で訪れた場所は数か所記念撮影をされる方が思い出となるでしょう。

このように花見のプランだと昼間の印象が強いのですが、実際は夜のライトアップされた名所の花見も行っています。夜はどうしてもライトアップされた場所しか巡ることができないという点がありますが、夜には夜の楽しみ方があるでしょう。また、仕事終わりに花見のハイヤーを依頼することも可能なので、数人集まって企画する方法もあります。花見ハイヤーは、車両によって人数の制限がありますが、セダンタイプからバンタイプまで車両をそろえているため、人数には柔軟に対応することができます。

あらゆる状況にあるゲストが花見を楽しむためにハイヤーを依頼しますが、なかでも多いのが車内から眺めることで花見を楽しめる、いわゆる花見のために歩き回らなくてもいいことが挙げられます。足腰の悪い人は、花見をしたいと思っていても、躊躇されることが多いようです。一緒に行く家族や友人に迷惑がかかるのではないかという思いが強いと聞きます。このような心配をせずに家族や友人と花見を楽しめるのは、ハイヤーサービスだからこそです。

この他にも、持病がある方や体力的に出歩くのが難しいという人にとっても、喜ばれます。持病があると、コロナウイルスに感染した場合に重篤化しやすいことが分かっており、それらに該当する人は極力人の多い場所に出向くことを避けているため、精神的なストレスも相当なものだと言われています。それらを考慮して、家族の方がハイヤーサービスを依頼されるケースもあるようです。確かに、人の多い場所、さらにお酒を飲む人がいる場所となると、コロナウイルスの感染は誰でも気になるでしょう。家族や友人だけのグループで、しっかり対策がされている車両での花見は安心して楽しめることが分かります。

ハイヤーサービスを利用するのが贅沢だと思われる人もいることでしょう。しかし、実際のところは費用に関しては1名でいくらと決まっているわけではなく、1台でいくらと決まっている場合がほとんどです。もちろん、所要時間が長くなれば追加料金の発生もあると思われますが、事前にコース設定をしているので、まれなことです。セダンタイプの車両を人数割りをすると、観光バスで花見場所を巡るよりも割安感があるかもしれません。その上、ハイヤーのラグジュアリーな雰囲気も楽しめるので、一石二鳥と言えるでしょう。

天候に左右されることなく、花見の名所を訪れ楽しむことができる。ハイヤーサービスの乗務員は、ゲストを目的地まで運ぶ以外にも観光がイドも行ってくれるため、満足度はかなり高いです。ある程度のコース設定はあるものの、この名所を入れて欲しいなど、できる限りの要望を聞いてくれるため、オーダーメイドツアーのような印象もあります。